PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

氷菓がおいしい季節

【折木奉太郎の失敗】
hyouka001.jpg①  hyouka002.jpg

hyouka003.jpg

ども、いるすです。
この季節は本当にヤバイ。ヤバすぎる。
何もしてなくても体力がガンガン削られて、
やる気ゲージ空っぽですよ。
「ちょちょいっと漫画描くか~」と上の奴に取りかかったのに、
予定より一週間遅れるくらいグダグダですよ。

今回の漫画についてあれこれ。
題材にしたのは、米澤穂信氏原作の【氷菓】(厳密には古典部シリーズ)です。
京アニがアニメーションを担当してるだけあって、
画面構成が緻密……! 緻密すぎる……!
現代劇はあれですな、普段とやること一緒でも、
誤魔化せない部分があったりして(主に背景なんですが)
なかなか悩ましい問題だったりします。
描かずに済めばそれに越したことはない、けれどそれはどうなの?
というジレンマ。量産出来るなら苦労しないんですけどねー('A`)
ついでに、普段キャッキャウフフな少女ばっかり描いてるので、
男キャラ描くのが新鮮でした。

も一つ。
コマ割りに制限を加えてみた。
縦に割らず、横のみでやってみました。
これ、あれですね。いわゆるアニメのワンシーンを
切り取ってるのに近い感じ。(あえて4コマとは言うまい)
楽するつもりで一度やってみたかったので試してみましたが、
ワイド画面で見てるのと同じ、ということにいまさら気付きました。
なるほどなー。

ここからチラシの裏>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
P4Gをやるぜ! といった翌日に、グラボ注文してました。
PSO2をやるためです。

感想:7月の前半がこれに食われた。

序盤はやることたくさんあるので、やればやっただけ成果が出る――
けれど一つ上に行くためにレベル上げ必須なのがだるいです。
ちょうどそのタイミングで氷菓のネタを思いつき、それ以降自重してました。
(制作進行が通常の4分の1くらいに落ちてて危機感を覚えた)
ダラダラやるにはいいゲームです。無課金でも十分遊べます。
再開するときは、ちょこちょこっとやろう。うん。


他には告知できそうなことがちょっとあったりするんですが、
後日、別記事で書かせていただきまする。
それ用に何か描く……描きますとも。

ではでは、この辺で。
暑い日が続きますが、がんばりまっしょい。

| その他 | 00:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

豊久殿!豊久殿じゃないですか!
ということは奉太郎はエンズの一味だった…?

とまあ、他マンガネタはさておき。
ついぴくで見たときはこんなオチが待っているとは
想像もできませんでした。
実はまんざらでもない入須先輩とか、
最後に良いこと言おうとして結局何が言いたいのかイミフなほうたるとか、
ツッコミが追いつきませんw
ほうたるはいじられると輝くなあ…(゚∀゚)

最後のコマから察するに、ほうたるは死に至った原因を
皆に知られちゃったんですね…(人として恥ずかしすぎるw)


>誤魔化せない部分
現代物は背景を誤魔化すと読み手が冷めてしまうので
大変ですよね
できれば部室のガラス棚の中とか描きたくない
色々考えたけど結局時間をかけて描くしか…!

画面の横割りがアニメ的だというのも盲点だったので
これからの制作に生かしたいと思います!(思うけどたぶん何も変わらない)


ではでは今後の活動にも期待してます~
ところで11月のアレ…どうしましょう?('A`;)

| ふるひろ | 2012/07/26 19:03 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます<(_ _)>

>ふるひろさん
どうみてもエンズは千反田さんで、
そう考えるとあの豊久は獲物の背後を取った状況で――
それ以上は(考えては)いけない。
なぜお前がいる、と言わざるを得ない彼ですが、
最初はいませんでした。
どうしても3ページ目のパンチが足りず、
何が足りないのか吟味した所、【恐怖】が足りない
という結論に。

入須先輩は愚直な押しに絶対弱いと思うんです。
まともに取り合っても仕方がない→ところが話を聞かない→
何度も言われるうちにその気に……→
おっぱいは目前だ!
しかしチタンダエルからは逃げられない!
ざんねん、ほうたるのぼうけんは(ry

最期の何言ってんだほうたる台詞は、
一休さんの「屏風の虎を緊縛する話」を連想されると、
おっぱいは愛でるもので、直接どうこうするものではなく、
そしてその愛で方に工夫が足りなかった、
という無念が感じられるかどうかは判りません。
(何言ってんだいるす)

>背景
一枚イラストなら描き込んだ分だけ達成感がありますけど、
漫画だと次に描くまでのスパンが短すぎて(次のコマですし)
どうあがいても絶望、となっちゃいますよね。
悩ましい……ああ悩ましい……。

>画面の横割り
大ゴマとは違った感覚で、なんだろうこれ、と
考えてみた所、通常の漫画のカメラから一歩引いた所に
別の定点カメラが存在していて、そのカメラの映像を
見ているんじゃね? と。
とするならば、そのコマ内だけで時間の流れを表現することも
可能なわけで、巻物的な見方ができるな、と。
(あれ、アニメの原型みたいなもんですよね)
ただこのコマ割りが延々続くと異常なので、
4コマ漫画の発展系、みたいな感じでしか使用方法が浮かびません。
効果的に使えそうな気もするんですけどね~。う~ん。

>11月のアレ
エヴァンゲリオンのことですね?
というボケはさておいて。
ネタは考えてるんですけど、まとまらなくて
どうしようヤバイという状況です('A`)
ジャンルコードが決まらないのでは、申し込み用がない……!
ToLOVEるみたいなやつは、少年漫画でいいんでしょうか。
(全然考えてるものとベクトル違いますけどw)

とりあえず、出る気はあります。
年内最後のイベント参加、という気概で。

| いるす | 2012/07/27 01:27 | URL |

>11月のアレ
そうですエヴァンゲリオンについて…じゃなかった
いやこっちも大事ですけど!
(たしかイベント前日に公開でしたねw)

こちらも色々とネタ出しはしていて
「ん、これは…?」と思うのは一つあったんですが
GA○TZ並みの描写力がないと悲しい結果になる内容で
要はまだその域に達していないので難しい…という状況です。

〆切まで二人とも行き詰ってたら
11月あたりのイベントで氷菓の合同本でも出しましょうよ…あ、なんでもないですゴホゴホ!


>巻物的な見方
巻物、言い得て妙だと思います!
さっそく今回の本でちょこっとこのテクを使ってみます~

| ふるひろ | 2012/07/28 10:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tadairu.blog67.fc2.com/tb.php/236-39c76c25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。