PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅ひろ10お疲れさまんさ

ども、いるすです。
紅ひろ10に参加された方々、当スペースに足を運んで下さった方々、
お疲れ様でした。
目玉の新刊がない状態でほんと申し訳なかったです。

――ただ、それではイベント出る意味がねぇぜってなもんで、
先行プレビュー版をコピ本にして持ってってました。実は。

IMG_20130908_060915.jpg
こちらがそのコピ本。無料頒布でした。

夜中に「やっぱり新刊なしはいかん」と思い立ち、原稿をPDFで書き出して、
アレを使ってみました。
話題になった『セブンイレブンの小冊子印刷』です。

いろいろと情報を集めてみた結果、「なるほどよく判らん」状態で
いまいち要領を得なかったんですけど、やってみたら非常にスムーズ。
自分で忘れないために手順を書いておきましょう。

コピ本のサイズ:A5(A4用紙に2ページ分印刷)
総ページ数  :16P

面倒な面付け作業はなし。A5で1ページずつPDFを書き出し、PDF結合ソフトで
16ページのファイルを作る。
原稿データをメディアに入れ(USBメモリ)、セブンイレブンのマルチコピー機へ。

メニューの文書プリントを選択→メディアを突っ込む→
ファイルを選択→すべてをプリント→
カラー選択でモノクロ→用紙サイズをA4→

で、さらに詳細設定が選べるんですが、ここで小冊子プリントを選びます。
こちらは予め両面印刷かつ、2ページ分を印刷の設定なので、
あとは右綴じ(ページ送りの順番が決まる)と短辺閉じ(背表紙)を選べばOK。
そのあと刷る部数を入力し、現金ならコインをガチャコンガチャコンと投入し、印刷スタート。

始まるまでちょいと待ちますが、始まると速いこと速いこと。
刷り上がった用紙は『半分に折れば小冊子』になる順番になってますので、入れ替え不要です。
注意することがあるとすれば、ひとまとめのPDF作るときに順番を間違えないことですかね。

ほっかほかの原稿を持ち帰り、ひたすら折って折って折りまくって、
ホチキスでガチャコンガチャコン。
中綴じ用のホチキスなんてなくてもできるもんです。
夜通し作業を続け、終わってみれば朝。慌てて準備して家を出ましたとさ。

で。今回のコピ本は『YOUR EYES ONLY』と銘打ってあるので、Webには上げません。
ただまぁ、先行プレビューなので、完成版を出すときにサンプルとして上げる予定です。
コピ本もらってくれた方は、ちょっとだけ早く新刊読めるぜ! という
足を運んでくれた方へのせめてものお礼ですのだ。

というわけで、紅ひろは体力的にメチャメチャハードでしたが、
死ぬほど落ち込む暇はありませんでした。(スケブ描き描き)
ちるののかき氷も食べたしね!
カルピスマンゴーシロップで食べた。深い意味はないです)
いや、なんかもう、めっちゃ美味かったです。
ふわふわのかき氷ってこんな美味かったっけ、というくらい染み入る美味さでした。

次回はコミティア106に申し込んでいるので、一年ぶりにオリジナルになると思います。
前回のスマホ魔女を予定してますが、もしかしたら違うの描くかも。
絶対落とさないようにしなければ……!

ではではこの辺で。
あ、修羅場中にきんいろモザイクのヘビーローテはやめた方がいいかもしれません。
無駄に和んでしまって、手が止まります。
艦これも遠征だけにしましょう。きりがないです。うん。
(大和はいるのにながもんがいないよ)

| 東方 | 00:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした!
事情があって今回は行けなくて残念だったのですが、ふと思い出すとあれからもう一年なんだなーと思いました
コピ本作成もお疲れ様でした、でもそういう作業って大変だろうと感じる反面楽しそうとも思ったりw

コミティアも頑張ってくださいー!

ちなみに同じPioで23日行われる「みょうれんパーティー」でサークル参加しますので、余裕あったらお越し下さいませませ

| メピカリ | 2013/09/18 04:09 | URL |

>メピカリさん

放置してたらコメントをいただいていたとは!
本当にすみません!

みょうれんパーティ、行きたかったんですが都合が付かず、
行けませんでした! 申し訳ないです……!
(ナズ本出してる手前、出るべきだったのに……)

>あれから1年
あっという間でしたね~。メピカリさんにいただいた色紙に度肝を抜かれ、もっと絵の練習しないといけないなと思っていたのに、話考える時間ばかり延びて、「絵が下手になってね?」という問題ががが。
(というか年々下手になっている……)
見た目の綺麗さだけを追うと、どうしてもテンプレ的に似てくる面があって埋もれちゃうし、『この人の絵だな』と一発で判るような特性がいるすには不足してると思います。
(いただいたナズにはばっちりそれがありました。しっかりものにしていて、羨ましい……! そして綺麗……!)

>コピ本
原稿さえあればまたやりたい作業ですw
ただし日中にやると楽しさ半減。たぶん、夜も深い時間にやると「俺はいま製本機になっている!」みたいなテンションで、妙に捗ると思います。

>コミティア
常日頃からオリジナルのものをpixivやらブログで連載している人にはすごくいいイベントだと思います。
でも普段二次創作やってる人には、落とし穴が……。
『2冊目ってどこまで(キャラや世界観)説明した方がいいの?』
いるすはこの壁にぶち当たってしまいました。
キャラのバックボーンを知ってもらう機会が少なすぎて、
続き物なのに続けないジレンマ。
(1冊目は自由に描けるので、その辺織り込み済みなんですけどね)
孤独のグルメみたいに「ゴローちゃん」が「飯を食う」話とかはどこから読んでも判りやすく、読み切りの理想型だな、と。
この辺、いるすは選択間違えました。
ヤチマター\(^o^)/

――と、イベント前からうな垂れてるばかりじゃいけないので、
今後の糧にしたいと思います。

冬コミ、受かってるといいですね!(自分も含めて)
ではでは、またお会い出来る日を楽しみにしています!

| いるす | 2013/10/19 01:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tadairu.blog67.fc2.com/tb.php/249-273c71ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。